Field Management = クライアントと自身の理想を実現する場所

クライアントの変革にコミットできる存在になりたい。

私は、事業会社で「思い描く理想を実現できない」もどかしさを経験し、
同じ想いを持つクライアントの変革を支援するため、コンサルタントという道を選択しました。

Field Managementは、コンサルティングファームの中でも、クライアントの変革を支援するために必要となる
ハイレベルなコンサルタントのスキルと事業経営の経験が同時に身につくユニークなファームだと思います。

入社後、私はコンサルタントしてプロジェクトに参画し、クライアントの変革に伴走しながら、
経営者の1人として、 Field Managementの新規事業であるBody Conditioning Technologyを立ち上げ、
日々事業拡大に向けた試行錯誤を重ねています。

Body Conditioning Technologyは、最新テクノロジーを活用したブティック型スポーツジムの運営事業です。

新規事業を作り上げていくプロセスの中では、コンサルタントの立場として、普段提案しているソリューションを自らに"提案"します。 その"提案"に基づき、実行、検証、修正のプロセスを経ることで、提案段階での改善点を発見します。 その改善案は本当にリアリティのあるものなのか?それを実行したら成果が出るのか? 日々その問いとの戦いです。

クライアントに実効性の高い「打ち手」を提案する。そして実際に実行し成功に導く。
机上の空論で終わらないリアリティのある提案が本当に今までできていたのか?
事業を推進する立場になってから何度も自分に問いかけています。

この新規事業を成功させると同時に今まで以上にインスピレーションとリアリティある提案、実行サポートをクライアントに提供すること。 これは事業を立ち上げ、推進する環境があるField Managementだからこそ出せる価値だと思っています。

Analyst
岡野 昇平

大手スポーツアパレルメーカーを経て、大手総合系コンサルティングファームにて、アパレル企業の事業戦略立案、業務改革プロジェクト等を経験した後、フィールドマネージメントに入社。アパレル・化粧品企業をはじめ、様々な小売企業を中心として事業戦略、新規事業戦略等のコンサルティングに従事。2018年4月よりフィールドマネージメントの新規事業である、Body Conditioning Technologyの経営にも参画している。