STEP ZERO=寄り添い、共に歩み続ける

コンサルタントとして、外部から企業の課題に取り組んで思ったこと。
解決策を導いても実行されるかどうかは結局クライアント次第。契約期間が終われば、関係は終了。
中からじっくり変える経験をしてみたいと思って入った事業会社の実務担当として、企業の課題に取り組んで思ったこと。 社内のしがらみが多くて進まない。外部からの知見やアドバイスは、大きな推進力になる。

外部として程よい距離感を保ちながらも、常に課題を共有し、業績の善し悪しに関わらず親身になって共に歩み続けてくれるパートナーがいたら、もっと企業は良くなれるはず。そんな思いが実現できるのが、まさにフィールドマネージメントの”STEP ZERO”でした。

私達は期間限定のプロジェクト単位ではなく、小さくても長く繋がり続ける真のパートナーを目指します。

Manager
富岡 宏子

京都大学大学院薬学研究科 薬理学専攻 修士課程修了。外資系の経営コンサルティング会社と組織人事コンサルティング会社の両方を経験した後、インターネット関連の事業会社を経て、フィールドマネージメントに入社。休日はもっぱら子供と過ごし、癒しとパワーをもらっている